MFS – Combo

MFS
79,457回再生 2024/04/17
MFS
2024.4.17(wed)1st full album ”COMBO” Release
https://orcd.co/combo_mfs

MFS、待望のデビューアルバムがいよいよそのヴェールを脱ぐ。『COMBO』に収録された全14曲は、どれも個性的な彼女の魅力の証左となるものばかり。ヒップホップの枠だけに収まらず、国内外のエッジーなダンスミュージック・プロデューサーも多く参加し、分厚い音像が押し寄せてくる。プロデュースの大半を占めるのは、MFSのバックDJも務める注目のビートメイカー、RUI。アグレッシブなベースラインが特徴的で、「BINBO」や「IMPACT」を聴けば、MFSの生々しいラップとRUIのビートの相性の良さが分かるはず。UKガラージの再解釈といった様子の「Moonlight」やアトモスフェリックな「Turning」、ドラムンベースのビートにエモーショナルさを加えた「Bless You」ではいつもよりセンチメンタルなMFSの横顔が伺え、多面的な表情を知ることができる。「Chase Remix」で展開される壮大なレイブ感も聴きどころだ。そして、『COMBO』が優れているのは、MFSのラップを軸に、グローバルなダンスミュージックの潮流とも調和する独自のMFSサウンドをバッチリ構築している点。「New World」を手がけたTaka Perryはオーストラリアを拠点とし、これまでDenzel CurryやJP THE WAVYらとの楽曲で知られる実力派プロデューサー。そして「SAICO」のプロデューサーとして参加したTaydexはJojiやAnderson Paak.、Jon Batisteといった名だたるアーティストらの楽曲に携わってきた人物。また、プリミティブなビートが印象的な「Home Tour」は、MFSと同じ大阪を拠点とする若手ビートメイカーであるip passportが手がけ、ミニマルな「Fall Pow」は岡山のプロデューサー、Keita Sanoによるもの。リードシングルにもなり、パンチの強い「Combo」は京都を中心に活動するStones Taroがプロデュースを担当しており、この二名は海外レーベルからのリリースも多い注目のダンスミュージック・プロデューサーでもある。『COMBO』には二名のラッパーも参加。「Drink」に参加したJJJは本曲のプロデュースも担当し、夜のダンスフロアを想起するようなダークなビートとラップのコントラストが美しい。「Enter」では気鋭のMC、anddy toy storeをフィーチャー。普段の会話のような等身大のヴァースを聴かせている。ラフでありながらも、タフでユニークな独自の雰囲気を崩さないMFS。シングル「BOW」のワールドワイド・ヒットにより急速に世界の注目を集めた彼女が放つ、至高のMFSワールドが、ここに完成した。
Text by Shiho Watanabe

<MFS 1st Full Album 『COMBO』ONEMAN LIVE>
日時:6/28(金) OPEN/START:19:00/20:00
場所:渋谷 WWW INFO : WWW 03-5458-7685
チケット:ADV ¥3,800 LINK : https://eplus.jp/mfs0628/

スケジュール:先行チケット受付 4/17 19:00 - 4/21(日)23:59 (抽選)
一般発売 4/27 (土) 14:00~ (先着)

Directed by ODEN
Assistant: hantoshitakawaiiusagi, knov, Kou Ohchi
Hair: BARBERIKEDA
Assistant YU-KA SUMIDA
Make: Nagisa Kobayashi
Styling: Bunta Shimizu
Brand Support: designsix, Desiqual, Rokh H&M, Kalevala
Special Thanks: ip passport, AMAPI NIGHT, yuki

Instagram : https://www.instagram.com/mother_fuckin_savage_2020/
TikTok : https://www.tiktok.com/@mfsmfs2020
X : https://twitter.com/mfs_info_

Subscribe to MFS’s channel: @mfs_official_